植栽と土面のバランス

  • 2020.08.02 Sunday
  • 12:23

こんにちは。

ガーデナーシップの睛です。

 

すこしずつ晴れ間も増え、セミの鳴き声聴こえる夏に突入したと、実感しております。

ですが、今までの長雨にて、なかなかお庭のお手入れが出来なった方もいっらしゃるのではないでしょうか。

 

土面が多いと、やはりその分お手入れの管理も大変だと思いますが、

植物が植えられているエリアと、そうでないエリアを物理的に仕切り、整理することで、お手入れも楽になるかと思います。

 

例えば、

下のお庭ですが、植栽スペースと化粧砂利スペースにリガーデンさせて頂きました。

 

▼施工前

▼施工中

 

まず、しっかりと土面が平らになるように、掘削と整地を行います。

そうすることで、雑草を取るのはもちろんこと、植栽帯から土が砂利帯にこぼれないようにするなど、高さのバランスを整えることができます。

今回の工事は、坂本と睛で、お打ち合わせから作業まで、一貫して進めさせて頂きました。

 

▼施工中

 

次に、平らに整えた土面に防草シートを敷き詰めます。

弊社で使用します防草シートは砂利帯に隠れ、日光を直接当てなければ、半永久的にもつ頑丈なシートです。

 

 

▼施工後

 

 

植栽スペースを確保しつつ、靴が土で汚れないように砂利帯で周囲を整えます。

そうすることで、水はけのよい防草シートと砂利帯でドライな空間を保ちつつ、植物をお楽しみ頂けると思います。

こちらは玄関側のお庭で、お宅の反対側に主庭がございますが、大変喜んでくださり、一息つくための椅子を置いてくださりました。

 

砂利以外にも敷き詰めるものは、レンガやタイル、ブロック、人工芝と様々あります。

植物もその場所に適した種類が重要ですので、お庭の活用方法をお悩みの際は、ご相談頂ければと思います。

 

 

ガーデナーシップへのご相談は、

樹木一本、バラ一株からお庭の工事、

どんなお悩みでも大丈夫です!

お見積りは無料です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

ホームページはこちら

👉https://gardenership.com

 

お問い合わせはこちら

👉https://gardenership.com/contact

 

施工例はこちら

👉https://gardenership.com/info

 

👉YouTube動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=s_IgAlgHCbs 

 

👉InstagramはこちらInstagram_AppIcon_Aug2017.png 

https://www.instagram.com/gs_gardener

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM