目隠しの役割と種類

  • 2020.09.09 Wednesday
  • 22:27

こんにちは。

ガーデナーシップの睛です。

 

お庭のご相談を頂く中で、相談の多い事案の一つに、目隠しの為に何かしらを立てる、植える

といったご要望があります。

それは、往来の多い道路側からの視線を防ぎたい、お隣様の窓や経年劣化した万年塀をこちらから見えにくくしたい、など様々な理由があると思います。

 

完全に塀などで覆ってしまうと、外からほぼ見えなくなってしまうので、防犯上、ある程度の透け感もありつつのバランスも大事になってきます。

ですが、目隠しの樹木やフェンスを設置しますと、お庭のプライベート空間がより確立できますので、お茶を飲んだり、お庭での作業に集中できたり、その時間を一層お楽しみ頂くことができる、と考えています。

 

そういった空間を作るための目隠しの種類も様々あります。

樹木で垣根を作るのはもちろんこと、フェンスを立てたり、つる性の植物を這わすためのトレリスや専用のフェンスもあります。

 

 

バラを這わせて彩豊かな面を演出したり、メンテナンスの手間がかからないフェンスで道路から見た際の家との統一感を演出してみたり、、

その役割を果たしてくれる植物、フェンスなどの構造物もご要望に合わせて、様々ご提案させて頂きます。

 

お庭でよりプライベート空間を楽しみたい、などご計画を立てられる際、お悩みのことございましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

 

 

ガーデナーシップへのご相談は、

樹木一本、バラ一株からお庭の工事、

どんなお悩みでも大丈夫です!

お見積りは無料です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

ホームページはこちら

👉https://gardenership.com

 

お問い合わせはこちら

👉https://gardenership.com/contact

 

施工例はこちら

👉https://gardenership.com/info

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM